「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド

飲食店での独立パーフェクトマニュアル

4.独立に必要なことを把握する

飲食店として独立し自分のお店を構えるまでにやらなければならない事を紹介しています。

飲食店で独立するまでの道のり

飲食店として独立していくため、自分のお店を持つためにはどのような準備が必要なのかをまとめてみました。

店舗物件探し

業種や業態、主要ターゲット、競合状況、営業方針、さらに資金力などの条件に基づきながら、出店地域や立地条件を絞っていきます。

周辺の建物の状況や出店する業種によっ て、立地条件は微妙に異なってくるので、、自分がターゲットとする人たちの動きをよく観察しながら、その店舗に適した立地を探すようにしましょう。

工事業者の手配

店舗物件を確保したら、内装、外装、さらには設備などの工事を行っていきます。

電気や配管など、専門技術を要するところ以外は全て自分で行なったり、デザインだけ自分で行い、施工を工務店などに依頼する方法、さらには、初めからプロに依頼する方法などがあります。

内装費は施工内容によ って価格の変動が大きいので、複数業者から見積もりを取ることが大切。費用に関する条件は、あらかじめきちんと決めておきましょう。

仕入先の確保

仕入れ先や外注先の質が悪かったり、そのサービス体制に問題があったりすると、独立を成功に導くことは難しくなります。

価格、店舗からの距離、配達サービスの有無などの基本事項を考慮しながら、自分が求める食材を安定的に供給してくれる業者であるかを見極める事が重要です。

人材の確保

自分にはない能力を補ったり、事業を発展させためには、信頼出来て一緒に頑張ってくれるようなスタッフを確保しておかなければなりません。

どんな職種の人が必要で、どんな能力を優先させるのか、採用したら従業員として雇用するのかといった雇用形態も事前に考えておきましょう。

募集する人材が決まったら、採用・契約に向けてのスケジュールを組んでいきます。求める人物や人数、雇用形態、予算を考えながら、募集方法を選択して欲しいと思います。

宣伝方法を選定

営業開始までに、名刺と事業内容を記した印刷物、ホームページなどの営業ツールは作成しておかなければなりません。

インターネットを最大限に活用しながら、ホームページはもちろん、ブログやメールマガジンなどの発行も効果的です。

コストを抑えるのであれば、使いやすいホームページ作成ソフトや 無償のブログサイトが増えているので、まずは自分で作成してみるという手段もあります。

 
 
 
「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド