「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド

飲食店での独立パーフェクトマニュアル

1.動機を固める

独立開業を目指す前に、自分自身の経験などを振り返ってみましょう。飲食店の運営で壁に当たったときでも、その動機がきっと助けになってくれます。

飲食店で独立開業する動機…あなたは向き合っていますか?

独立準備を進める前に、今一度よく考えておいて欲しいことが動機です。

何となく漠然とした動機・目的では、独立の準備を進めていくうちに行き詰ったり挫折してしまったり、様々な障害にぶつかった時に乗り越えられなくなります。

自分自身が思う開業の動機がハッキリしているのであれば、その後の準備も前向き進められるので上手く行きやすいと思います。

自分の強みをしっかり認識しよう

自分の強みとなる能力や経験は、お金では決して買うことができない自分の財産。これをどのように生かして進んでいくかが、重要なポイントでしょう。

でも、資格も飲食店で働いたことも無いから、自分の強みなんて無いかも…と考えがちです。一見大したことのない能力や経験でも、それを必要としている事業や使い方によって、大いに生かすことができるのです。

必要とされる経験とは

飲食店で独立開業する動機…あなたは向かっていますか?飲食店に勤めるなどして調理経験があれば、もちろんそれに越したことはありません。ただ、全く経験の無い人が飲食店を開きたいと思っていても、ある程度の経験を積んでから始める必要は全くありません。

調理経験がない場合には、専門の料理人を雇ったり、料理ができる人との共同経営を行う、フランチャイズという方法もあります。

また、本格的な料理を提供しないようなカフェや軽食店であれば、それほど料理のスキルも要らないと思います。

取り立てて、これをしなくてはいけないという、業種・業務形態があれば話は変わってきますが、経験がなくとも別の面で補える業種を選択することで、不都合はないと思います。

 
 
 
「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド