「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド

飲食店での独立パーフェクトマニュアル

【注目】飲食店の独立で成功するための秘訣

飲食店で独立開業を考える人、必見!あらゆるお店をリサーチした結果から、成功する店舗になるための条件を3つにまとめました。もしオーナーになるなら、ぜひ取得しておきたい資格情報も。

成功する飲食店の条件をおさえよう

成功する飲食店の条件をおさえよう

飲食店で独立して成功するするためには、ある程度の知識を身につけておく必要があります。決して難しいことではありませんので、ここで解説している3つの秘訣を実践してみてください

秘訣その1!お店のコンセプトと経営理念をしっかり持ち把握すること

経営者になるということは、給料を貰う立場から、社員やアルバイトに給与を支払える分の、売上を生み出さなければいけない立場に変わります。

そのため、経営理念とコンセプトをしっかり考察することが重要。フランチャイズ経営の場合は、そのお店の理念とコンセプトを理解して、自分なりに解釈することが成功の鍵となります。お店のコンセプトをハッキリさせることが、成功する飲食店への第一歩なのです。

秘訣その2!売り上げが安定するまでは毎日棚卸しを行う

在庫の数を把握できる棚卸しは、どの商品がどれだけ売れているかを確認できるだけではありません。

毎日棚卸しをすることで、自然とお店の整理整頓ができるだけでなく、在庫の正確な数がわかります。そのため、適切な量を発注することができ、コストダウンの効果も期待できます。

秘訣その3!FLコストは常に60パーセントを目安にする

成功する飲食店の条件をおさえようFLコスト(食材費+人件費)は、飲食店の独立を考えている人には、最も重要といえる指標の1つ。60パーセントという数字は目安ですが、日々意識しておくと、まず赤字にはならないといわれています。

ですが、この数字にこだわりすぎると、お客様の満足度が下がり、売り上げ低下の原因にもなってしまいます。

なので、成功する飲食店を目指すなら、お店に新しい付加価値をつけることを第1優先で意識しながらも、帳尻を合わせる感覚でFLコストに目を向けることをおすすめします。

独立開業を成功させるための必須スキル

飲食店を独立するためには、フランチャイズの場合でも食品営業許可申請書が必要です。それ以外にも、あると便利なスキルや資格がありますので紹介します。

レストランサービス技能士

飲食店に関するサービスのスペシャリストとして、お客様をより満足させることができるかを問われる資格。様々な飲食店のサービスに関する資格の中で唯一の国家資格なので、周りからの信頼を得ることができます。

この資格を取得することで、質のいいサービスを無意識の内に提供できるようになるので、お客様に対するサービスも向上して、売り上げのアップにも繋がります。また、資格自体の難易度もそんなに高いわけでもないので、取得しておいて損はありません。

フードコーディネーター

聞き馴染みがあり人気もある資格なので、知っている人も多いと思います。

フードコーディネーターとは、食に関わるトータルプロデュースを行う資格。料理を美しく盛り付けたり、成功するためのコンサルティング業務を行うこともできるので、独立開業した自分のお店を自己分析することも可能でしょう。

秘訣も資格も大切だけど本人のやる気が重要!

上で挙げた3つの秘訣や飲食関係の資格も、サービスの質を上げて売上アップを成功させるためには、とても大切なこと。でも、一番意識しておきたいのは「自分のお店は自分で盛り上げる」ということです。

小手先のテクニックを使いこなせば、多少は客足が増えるかもしれません。ですが、自分のお店を愛して、いつでもお客さんのことを考えている人ほど、成功しやすい傾向にあります。

近年では、お客さんのことだけに集中できるよう、フランチャイズを選択する人も増えているそうです。秘訣は本部が教えてくれますから、オーナーは店舗運営のノウハウやスキル向上に時間を割く必要が低くて済むからです。

別のページでは「フランチャイズで押さえておきたい飲食店」を特集していますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

 
 
 
「美味しかったよ!」と言われる飲食店の独立ガイド